性欲低下障害の日本男性が、やや社会問題になりつつある


セックスが嫌いになる症状は今まで女性特有だったのに今では?

昔から男性の性欲低下障害は少なくなかったのだが、六、七年前まで、性嫌悪症は女性に特有のものといってよく、男性にはほとんど見られなかった(表2)。性欲低下障害が何らかの形で質を変え、恐怖症になってしまったものと見るべきなのか、あるいは、まったく別疾患として考えるべきなのか、判断が分かれるところである。ちなみに男性の、とくに青年期・壮年期の性嫌悪症について、欧米からの報告はまったくない。日本に限っての現象であるようだ。

現代日本のどのような社会や文化、風潮が男性の性嫌悪症を生みだしているのだろうか。症状の軽重はさまざまで、なんとか性器への接触や義務的なセックスが可能な場合から、パートナーとのセックスは「想像すらできない」という例まである。いずれも治療抵抗性が高く、従来の個人長期精神療法でも治癒したものは少ない。若干の有効性を認めたのは、恐怖症の治療薬として用いた抗うつ剤である。

バイアグラの内服は、別の章で述べるように、性的興奮が得られていない場合には奏効しない。パートナーとのセックスに強い不安を抱いている場合、性的興奮が抑圧されているため勃起神経からの一酸化窒素の分泌がないので、薬効があらわれにくいのだ。そのためビデオやポルノなどを取り入れて性的刺激を補助する必要がある。臨床例を見ると、はじめ性欲低下障害であった人が失敗やイヤな思いを繰り返すうちに嫌悪症に移行してきた場合と、これといった理由もなくしばらくセックスレスの期間があり、あるときはっと気がついたらまったくイヤになっていたという場合もある。
通算何回目でしょうか。何時もお世話になっている京都のムラムラ出張エステに来てもらって、やってもらったのですが、1回サービスしてもらいました。とはいえ、結局は延長料金を払ったので金額は変わらないです。
各種風俗の形態が乱立してますが、結局福原で一番人気のソープに行っちゃってます。いろんな小手先の技じゃなくって、単純に快楽を追求できるからです。これからもきっと通うと思います。
大衆店ではあまりみられないプレイにくぐり椅子なるものが存在します。西川口の濃厚なソープにおけるくぐり椅子とは女性が椅子に座らせて前後に移動しながら男性の性器やお尻を舐めるプレイです。


「家庭」という環境を性的な雰囲気と結びつけられないという人は多い。・失敗の繰り返し。勃起障害、早漏などでうまくいかない経験が重なり、パートナーも満足できず、それを感じ取った本人も行為自体がイヤになってしまった(彼らは婚外性交をしていないので、妻に限られた障害なのかは不明である)。妻を性的に満足させなければならないと思うと、疲れるし億劫になってしまう。

また、プレッシャーでもある。妻の顔色を見ながらするセックスがイヤで、もうカンベンしてくれ!という状態になった。あこがれの人、大好きな人と結婚して、うまくいくかどうか心配のあまり、できなくなってしまった。男性の性嫌悪症のケーススタディ。近年増えている男性の性嫌悪症については、まだ分析の途上にある。

最新情報
2013/09/23 注目情報を更新しました。
2013/09/19 新着記事を更新しました。
2013/09/18 ホテルでならできるを更新しました。
2013/09/15 新しいタイプを更新しました。
2013/09/13 母親のイメージを更新しました。
2013/09/11 マスコット的関係を更新しました。
2013/09/10 セックスが嫌いになる症状は今まで女性特有だったのに今では?を更新しました。
2013/09/07 ホームページをリニューアルしました。

他サイト紹介
池袋風俗WalkerFU-TOWN風俗ターミナル
池袋風俗情報ほぼ全店掲載IkebukuroWalker日本全国の風俗店情報を全て無料でご覧いただけます。日本全国のお得な格安チケットをびゅびゅんと簡単に探せます!